« 2009年7月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

祝島-上関原発建設を拒否する人々  広河隆一・緊急報告会

原発やめて!
命が大事!
20年前息子をおんぶしながら
太鼓をたたき
唄を歌いながらそう声を上げ続けた

すべては海で繋がり
  命で繋がっている

今夜の18:30からです!
ぜひ「今」何が起こっているか
そして
それが自分自身とどう繋がるかのか…



……ここから転載……


■□■市民社会フォーラム第50回例会■□■
     広河隆一・緊急報告会 
  祝島-上関原発建設を拒否する人々

日 時 10月23日(金)18:30~20:40(18:00開場)
会 場 大阪市立・住まい情報センター 3階ホール
     地下鉄「天神橋筋六丁目」駅下車 3号出口より連絡
     地図 http://www.sumai.city.osaka.jp/index/page/e811183529a0905131f34550bc5039d3/
共催 光と水のプロジェクト、DAYS JAPAN関西サポーターズク
ラブ

資料代等 500円

 だまし討ち的に強行される中国電力の埋め立て工事が行われ
て、現地では緊張が走っています。
自然を守るために1000回以上のデモを続けてきた島民を孤立させないために、
私たちに何ができるか。
現地スライドによる報告を交えて、考えたいと思います。
彼らのたたかいで守ろうとしているものは、
私たちの守らなければならないものでもあるはずです。
【広河 記】

 市民社会フォーラムの記念すべき第50回例会は、
上関原発建設問題を取材されたジャーナリスト・広河隆一さんの緊急報告会です。
どなたでもご参加ください。

■広河隆一(ひろかわ りゅういち)さんプロフィール
 フォトジャーナリスト。DAYS JAPAN編集長。
1943年天津生まれ、2歳のとき日本に引き揚げる。
早稲田大学卒業後イスラエルへ。70年帰国。
以後、中東問題と核の問題を中心に取材を重ねる。
1982年、レバノン戦争とパレスチナ難民キャンプの虐殺事件の報告で、
よみうり写真大賞、IOJ国際フォトジャーナリスト大賞、金賞を受賞。
チェルノブイリとスリーマイル島原発事故の報告で講談社出版文化賞、
写真記録パレスチナで土門拳賞など受賞多数。
2004年3月月刊誌DAYS JAPANを創刊。
2008年に映画「パレスチナ1948 NAKBA」を完成、アーカイブス版30巻も完成。
チェルノブイリ子ども基金顧問、パレスチナの子供の里親運動顧問、日本PENクラブ会員。著書多数。

※お申し込みなしで、どなたでも参加できますが、
人数把握のために事前に連絡いただければ助かります。
お申し込み・お問い合わせ先 主催 市民社会フォーラム
 メール civilesocietyforum@gmail.com まで

=========================
市民社会フォーラム
HP http://sites.google.com/site/civilesocoietyforum/
ブログ http://civilesocietyforum.com/
MIXIコミュ http://mixi.jp/view_community.pl?id=1875159
メール civilesocietyforum@gmail.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年11月 »